クレジットカード会社はどのようにして利益を出している?

大変便利なクレジットカードは、現金が無くても商品を購入することができます。
クレジットカードを発行している会社は、一体どうやって利益を得ているのでしょうか。
カード会員が直接クレジットカード会社に支払っているお金は年会費ですが、年会費自体は主たる収入源にはなっていないようです。
たくさんの年会費のかからないクレジットカードも実際にはあるのです。
加盟店からの手数料を収入の1つとしているのが、クレジットカード会社の特徴です。
クレジットカードで加盟店が決済をすることによって発生するのが、カードを使って支払った金額に応じて加盟店が支払うべき手数料です。
加盟店からすれば、手数料を支払ってもクレジットカードを使える状態にすることで、客が買い物をしやすい環境を作っているわけです。
会員が支払いを分割払いやリボルビング払いで行う場合は利息がつくので、クレジットカード会社の利益になります。
キャッシングサービスでクレジットカードに付随しているを利用する場合にも、クレジットカード会社の収入源となるのが利息です。
保険などの他社からのサービスの仲介手数料がその他にあるといいます。
保険や旅行の案内が、クレジットカード会社から送られてくる明細に一緒に入っていることもあるといいます。
保険会社から仲介手数料を、クレジットカード会社は会員に保険に入ってもらうことで、得られるという仕組みなのです。